森林資料館・記念館の一般公開

苫小牧研究林では、この森林資料館・記念館を4月から10月まで一般公開しています。

■開館日:4月~10月の最終金曜日

       (最終金曜日が祝日の場合、前の週の平日金曜日)
■開館時間:9時~16時まで
■閲覧料:無料
■申込み:不要
※ただし、団体で見学される際はあらかじめ事務所に申請してください。TEL:0144-33-2171

森林資料館

森林資料館は1977年に建築された2階建ての施設です。当研究林や他の北大研究林において採集されたものに寄贈されたものを含めると所蔵点数は約4400点になります。
 所蔵品の多くは貴重な生物標本や林産加工標本で、中には2mを越す幹直径の立木標本などもあります。

森林資料館

展示物(立木標本)

展示物(動物はく製)


森林記念館

森林記念館は1935年に標本貯蔵室として建築され、その後1963年に増築されました。1935年に建築された部分について2000年に国登録有形文化財に指定されました。鉞や馬橇など林業関係資料や古い道具等を展示しています。

森林記念館

展示物(馬橇)

展示物(測量機器)


トピックス

来る10月26日は今年度最後の苫小牧研究林森林資料館・記念館の一般公開日です。

森林記念館では「ののはらことは」さんの色鉛筆画展を開催します。よろしければぜひご鑑賞ください。

村瀬 葵さん惜しくも決勝進出ならず

 

 村瀬さんはミュンヘン国際音楽コンクール*に出場していました。

 現地時間の9/14午後四時から6名による準決勝が行われましたが、決勝に進める3名には残れませんでした。

*毎年ミュンヘンで行われている国際音楽コンクール。  このコンクールは1952年に第1回が開催され、2006年で55回目を迎え、世界の権威ある国際コンクールの中でも、歴史と伝統のある難関なコンクールとして知られている。(出典 Wikipedia)

ミュンヘン国際音楽コンクール 海外サイト

https://www.br.de/ard-music-competition/

participants-and-results/index.html

村瀬葵さんのヴィオラ演奏会を開催します

 

 村瀬葵さんは7月初旬にウィーン国立音楽大学へ戻るので、

今回の演奏会が最後になります。

 6月29日午後二時から苫小牧研究林森林記念館ギャラリーです。

 

 皆さんのお越しをお待ちしております。カンパもよろしくお願いいたします。

苫小牧研究林森林記念館で村瀬葵さん(研究生)のヴィオラ演奏会を開催しました。

 

村瀬葵さんはウィーン国立音楽大学ヴィオラ科の学生でありながら生物科学者でもあるという異色の研究者です。

演奏会は2018年4月27日と5月6日の二回行われ、延べ100名以上の市民の方が素敵なヴィオラの音色に癒されていました。

 次回開催予定は5月25日と6月29日、いずれも午後二時から苫小牧研究林森林記念館です。入場料無料ですが施設維持の

ためにカンパをお願いしています。