野鳥観察される方へのお願い

 

苫小牧研究林にて野鳥観察および撮影時にお守りいただくこと

 

北海道大学・苫小牧研究林では森林生態系の研究および教育活動を行っています。一般の方々が研究林を利用される場合には、これらの業務に支障が出ないようにして下さい。また、研究林全域が鳥獣保護区に指定されているので、野生動物の生活や生息環境には特段の配慮をお願いします。そのため、以下のルールをお守り下さい。

 

1. 一般開放区域以外に立ち入らないで下さい。一般開放区域内であっても野生生物保護、安全管理あるいは業務の都合上で立ち入りを禁止することがあります。規制線や看板などで表示しますので、そこには近づかないでください。

 

2. 研究林職員の指示や注意には速やかに従って下さい。

 

3. 春~夏は野鳥の繁殖時期にあたるので、巣に近づかないで下さい。

 

4. 野鳥に近づきすぎたり、追い回したりしないで下さい。

 

5. 希少種や人気のある鳥の営巣情報は鳥類保護の観点から公開しないで下さい。

 

6. 長時間の撮影場所の占有を避ける等、他の利用者に配慮して下さい。

 

7. 野鳥に餌を与えないで下さい。野鳥を見るために草や木を痛めないで下さい。

 

8. 撮影時にストロボ(フラッシュ)を使用しないで下さい。

 

9. 自然に優しいマナーを心がけて下さい。タバコやゴミのポイ捨ては厳禁です。

 

10.周囲に気を配り、怪我や事故が無いよう十分に注意して下さい。

 

 

今後とも研究林の一般開放を継続できるよう、皆様のご協力をお願いします。 入林許可が必要な区域に入ることを希望する場合には、研究林事務所にて申請し、入林許可証を受けとる必要があります。ただし、状況により、許可しないことがあるので、その際はご了承下さい。研究林職員から許可証の提示を求められた際には速やかに提示して下さい。

 

 

北海道大学・苫小牧研究林